ChatGPTに聞いてみた、女性歯科医師の悩みとは?

このサイトを訪問してくださった女性歯科医師のみなさまは、お悩みはありますか?あるとしたら、どのようなことでお悩みですか?

スキルアップ? 患者様とのコミュニケーション? 収入?
仕事と家庭の両立? 仕事場での人間関係?

いろいろありますよね?そこで、今回、今や当たり前のように使われているChatGPT(AI)に女性歯科医師の悩みを聞いてみました!

その結果は・・・

女性歯科医師の悩みは何?

①仕事と家庭のバランス
歯科医師の職業は時間的にも精神的にも多くの負担を伴います。特に家族や子育てとの両立において、仕事と家庭のバランスを取ることが難しいと感じることがあります。勤務時間の調整や柔軟な勤務スケジュールの確保、パートタイム勤務の選択などが検討されます。

②職場での認識と待遇
歯科医療の現場においては、男性が主導する環境が多いことがあり、女性歯科医師は性別に基づく偏見や差別を経験することがあります。女性がリーダーシップのポジションに就くことや、男女平等な待遇を求めることに対しての困難さや課題があります。

③キャリアの発展
歯科医療の分野においても、女性歯科医師が専門分野に進出したり、リーダーシップの役割を果たすことに対して困難が伴う場合があります。男性優位の環境やステレオタイプの存在、家族や育児との兼ね合いによる制約などが、キャリアの発展に影響を与えることがあります。

④健康とストレス管理
歯科医師としての仕事は高度な専門性を要し、ストレスが伴います。ストレスや長時間労働が蓄積すると、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。適切なストレス管理や自己ケアの実践、メンタルヘルスへの配慮が重要です。

⑤コミュニケーションと人間関係
歯科医師は患者とのコミュニケーションが重要ですが、女性歯科医師は性別や家庭の事情による誤解や偏見を受けることがあります。患者や同僚との円滑なコミュニケーションや人間関係を築くために、柔軟さやエンパシーを持ちながら対応することが求められます。


女性歯科医師がこれらの悩みを解決するためには、職場や社会の環境改善、サポートシステムの充実、メンタルヘルスへの配慮、キャリアプランニングのサポートなどが重要です。また、女性歯科医師同士のネットワーキングやメンタリング、情報共有の場の活用も有益です。

こんな結果が出ました!
いかがですか?
同じ悩みはありましたか?


がんばって掴んだライセンスなのに・・・

歯科医師になるために、大学受験、国家試験、実務実習などと、時間・労力・お金を使って、晴れて歯科医師になったのに、もしかしたら”女性”ということで、本来あなたが持っている力を発揮できない状況の方もいるのではないでしょうか?

すべての経験をキャリアアップへ

女性(に限らず男性も)は、結婚や出産・育児、または介護など、ライフステージの変化によって、ブランクを持たなければいけない場合があります。

そのブランクは、一見マイナスな事のように感じますよね?

しかし、そのブランクを逆にキャリアアップにつなげられるとしたら、どうでしょうか?

そこで、

臨床経験30年以上、地元で4代続く歯科医院の経営者であり、であり、もいる、現役女性歯科医師が、自身の経験から女性歯科医師が持つ悩み解決のヒントと、他の医師と差別化できるキャリアアップの秘密をお伝えします!

悩み解決のヒントは、こちらの公式LINEから!すぐに使える無料特典もあります!

これからの時代、誰もが自由に”選択”をして生きていく時代です。
専業主婦も良し、キャリアウーマンも良し、
フルタイム。パートタイム、アルバイト、
どんな働き方、生き方でもいいのです。
でも、
本当は嫌だけど、仕方なく”選択”をしなければいけないのであれば、
その原因を見つめてみてください。
一人で考えずにいろんな情報、他者に頼ってみれば、
解決方法が見つかるはずです。
私のこれまでの経験が、
あなたの悩みを解決する手助けになれば幸いです。

代表プロフィール

大久保純子
株式会社トータルヘルスプロモーション代表
大久保歯科医院 副院長


日本歯科医師会 会員
臨床歯周病学会 会員
日本睡眠歯科学会 会員
日本Bi-disital O-ring test協会 会員
床矯正研究会 会員
マイオブレース矯正 メンバー
筑波大学 非常勤講師


つくば市で、代々続く歯科医院の理事長として、歯科医院の経営に携わる。主に、小児の歯並び育成に力を入れており、床矯正、MFT、機能育成などを学ぶ。そこから独自の歯並び育成メソッドを作り、20年以上実践し、臨床の場で成果を上げている。